横浜市から引っ越しをされる時に使いたい方法とは?

横浜市から引っ越しをするとなると、引っ越し費用はもちろんのこと新居にまつわる費用や雑費など何かとお金がかかるものです。

 

電卓

 

そのため少しでも引っ越し費用を節約するための、格安で済ませる方法に関してご紹介します。

 

業者によって異なる引っ越し料金

 

そもそも引っ越し料金の設定というのは業者によってさまざまです。

 

引っ越し業者

 

選んだ業者によって金額が大きく変わるケースは珍しくありません。

 

全く同じ内容の引っ越しを依頼したとしても、金額に差が出ます!

 

それゆえに「引っ越し業者選び」がとても重要になります。

 

また引っ越し費用は当然ですが「2月後半から3月4月の繁忙期シーズン」が高額に…。

 

あとは「土日祝日」、もっと言えば「朝一作業」などは値段設定が高くなります。

 

逆に言えば、可能ならこれらの時期を避ける事が値段を抑えるコツとなります。

 

まとめると引っ越し費用を抑えるためのポイントは主に以下の二点です。

 

  • 費用の安い業者を選ぶ
  • 金額を抑えられる日時を選ぶ

 

日付や時間を重視するというのは一つのポイントになります。

 

しかし、普段仕事をしている場合や引っ越しまで日時がない場合ですと調整が効かない…。

 

どうしても日付や時間で費用を節約するのは難しいでしょう。

 

そうであるならば、やはり「業者選び」で費用を節約するのが、費用を抑えるための一番簡単な方法と言えます。

 

引っ越し業者スタッフ

 

引っ越し費用は業者選びで80%近く決まるといっても過言ではありません!

 

引っ越し業者は数多くあるため、その中から一番料金を節約できるところを見つけるのは非常に大変です。

 

自力で1件1件しらみつぶしに探すのでは、非常に効率が悪く途中で断念してしまうことでしょう。

 

無許可の引っ越し業者にぼったくられるケースは、こういった自力で引っ越し業者を探した人に多いようです。

 

効率よく引っ越し業者を選定したい場合は、信頼できる登録業者の中から一括で見積もりができる「引越し見積もりサイト」を利用するのがベストです。

 

簡単に業者の比較ができる無料の見積もりサービス

 

引越し価格ガイド」という見積もりサービスがあります。

 

引越し見積もり

 

これは業界でも最大級の提携業者を抱えており、その中からあなたの引っ越しの条件に合う10社ほどをまとめてピックアップして見積額を出してくれます。

 

必要な項目を簡単に入力するだけで比較することができるため、自分でわざわざ業者を探す手間が省けます。

 

1件1件電話して、同じ内容を何度も何度も伝えて時間とエネルギーを消耗する必要がない、非常に便利なサービスです!

 

この引越し比較ガイドを利用することにより、最大で50%ほど引っ越し料金を抑えられる場合もあるためとてもお得な方法です。

 

業者とのやり取りを極力減らしたい

 

引越し比較ガイドは一切無料で使える有益なサービスです。

 

横浜市からの引っ越し費用を少しでも安くしたいと考えている人には最適なサービスといえます。

 

ただ、以下のような人には不向きかもしれません。

 

  • 複数の引越し業者からの電話営業が面倒
  • 最安値といわずある程度安い値段になればOK
  • 引越し予定日まで日数に余裕がある

 

見積もりサイトに登録すると、最適な業者10社程度から見積もりに関する電話がかかってきます。

 

見積額を聞いて、一番安いところで決めるのが最安値を狙う方法となります。

 

しかし、中には業者との複数回の電話やり取りが面倒だって感じる人もおられるでしょう。

 

そんな方には、一度サポートセンターに情報を伝えるだけ!

 

あとの面倒な業者とのやり取りを代行してくれる「引越しラクっとNAVI」が人気です。

 

 

業者との値段交渉の機会が少なくなるため、最安値を狙う方法とはいえないでしょうが、それでも「相見積もり」を出している時点で業者に足元を見られることはありません。

 

相(あい)見積もりとは…複数の業者から見積もりを取って比較すること

 

値段を重視するなら「引越し価格ガイド」を…!

 

手頃な価格で面倒なやり取りを極限まで無くすなら「引越しラクっとNAVI」を選ぶといいでしょう。

 

抑えられた引っ越し費用で、快適な新生活をスタートさせてくださいね♪

 

今回の引っ越しが、あなたにとって幸せな引越しになりますように、心から願っています!

引っ越し後に忘れがちな手続きを確認しておこう!

引っ越しの間際にはやらなければならない手続きが数多くあり、中には忘れやすいものもあります。

 

手続き

 

やらなければならない項目を一つずつ確認し、忘れがちな手続きを後回しにしないようにしましょう。

 

忘れやすい項目の特徴

 

引っ越しをすると当然ですが住所が変わることになり、それゆえにさまざまな手続きが必要になります。

 

その中でも例えば以下の生活に直結する手続きに関しては、わりとしっかりと覚えているため忘れることは少ないです。

 

  • 転出届や転入届の提出
  • 健康保険や年金関連
  • 子供の転校に関する手続き
  • 車庫証明や車検証の住所変更

 

このようにすぐに手続きしなければならない項目や期日が定められているものですと、自然に意識が働きます。

 

一方で引っ越しの際におこなければならない手続きの中でも、以下のようなものは比較的忘れやすい手続きになります。

 

  • クレジットカードや加入している保険の住所変更
  • スマートフォンの住所変更

 

上述のようなものは住所変更をしなくてもしばらくの間は不都合がないため、つい後回しにしてしまいがちです。

 

後回しにしている間に忘れてしまうことが多いため、やはり覚えている間にやるのが鉄則でしょう。

 

忘れてはいけない転送サービス

 

郵便物や宅配物の転送サービスへの登録は意外と忘れやすいです。

 

転入届などのように義務づけられているものではないことから抜け落ちてしまいやすいのですが、後々の生活のためには絶対にやっておくべきでしょう。

 

郵便局や各宅配会社に転居届を提出するだけでサービスを利用でき、手続き自体は非常に簡単です。

 

インターネットからでも受け付けができますので、引っ越しで時間がなかったとしてもきちんと登録しておきましょう。

 

この転送サービスを利用できるようになってさえいれば、住所変更の連絡をし忘れていたとしても郵便物や宅配物を受け取ることが可能です。

 

郵便局の場合ですとサービスの期限は1年間と定められているため、その間に知人や関わりのある会社などへの連絡をおこないましょう。

 

この転送サービスさえ手続きしておけば、自分宛の郵便物を他人に見られてしまう危険性を減らせます。

 

引っ越しにおける手続きの中でも、期日が設定されてなく後回しでもよいものは、時間がたつうちに忘れてしまいやすいです。

 

特に転送サービスは生活において非常に有意義なサービスですから、早めに手続きして忘れるのを防ぎましょう。

横浜市を後にされる方とともに改めて横浜市の魅力を考察してみよう

横浜市は神奈川県の県庁所在地であり、首都である東京都の隣にあるためベッドタウンとしても人気があります。

 

横浜の景観

 

引っ越し先としても魅力溢れる都市であり、仕事や学業などでも助かる面があるでしょう。

 

では横浜市にはどのような特徴と魅力があるのか、簡単にまとめて紹介します。

 

横浜市の特徴とは?

 

引っ越し先のポイントとして、人口の多さを気にする人もいることでしょう。

 

横浜市は全国の市町村の中で人口が最も多く、約374万人です。

 

人口の多さは四国地方に匹敵し、政令指令都市でもあります。

 

港岸都市としても知られており、幕末には横浜港が開港されました。

 

その影響もあり外国資本が積極的に取り扱われてきたという歴史があり、日本国内でもトップクラスの外資獲得力を誇っていたのです。

 

本州のほぼ中央に位置し、太平洋岸に位置しています。

 

四季の変化がはっきりとしており、1日の寒暖に差はあるものの1年の気候が穏やかとも言えるでしょう。

 

横浜市にある魅力とは?

 

では横浜市にはどのような魅力があるかについてですが、以下のようなものがあります。

 

  • 東京都内との行き来が簡単
  • 交通網が発達している
  • 商業施設や医療機関も充実している
  • アウトドアが楽しめる公園がある

 

横浜市は神奈川県にありますが、その隣には首都である東京都があります。

 

仕事や学業の都合で、神奈川県から東京都に通勤通学をしている人もいるでしょう。

 

横浜市には横浜駅や新横浜駅などの大きな駅があり、東京都の行き来が簡単にできるのです。

 

また人口の多さから商業施設も多数あり、買い物やデートなどにも困らないでしょう。

 

公園などの家族連れで楽しめるところもあり、バーベキューなどのアウトドアのためにレンタルできる場合もあります。

 

横浜市は人口も多く様々な施設が密集しているため、ネットや雑誌などのメディアで紹介されることも珍しくありません。

 

退屈な生活が嫌であれば、新しい刺激を感じることができる横浜市を引っ越し先として選ぶと良いでしょう。

TOPへ