【必見】横浜市から福岡市への引っ越し費用が半額に!?

横浜市から福岡市への引っ越し費用はどのくらいになるのでしょうか?

 

引越し梱包作業

 

以下に、引っ越し人数における費用の目安をご紹介します。

 

横浜市から福岡市への引っ越し費用【目安】

1人 2〜3人 4〜5人
約3〜10.5万 約7〜30万 約9〜36万

※引っ越し費用はあくまで目安、荷物の量や距離、トラックの大きさや時期、引っ越し業者によっても費用はバラバラです。目安より安くなる場合もあります。

 

  • 横浜市の人口:約372万人
  • 福岡市の人口:約153万人
  • 引越し移動距離:約1,073キロ

【最大半額】横浜市から福岡市への引っ越しを格安で済ませる方法とは?

福岡市へ引っ越しをするとなると、引っ越し費用はもちろんのこと新居にまつわる費用や雑費など何かとお金がかかるものです。

 

電卓

 

そのため少しでも引っ越し費用を節約するための、格安で済ませる方法に関してご紹介します。

 

業者によって異なる引っ越し料金

 

そもそも引っ越し料金の設定というのは業者によってさまざまです。

 

引っ越し業者

 

選んだ業者によって金額が大きく変わるケースは珍しくありません。

 

全く同じ内容の引っ越しを依頼したとしても、金額に差が出ます!

 

それゆえに「引っ越し業者選び」がとても重要になります。

 

また引っ越し費用は当然ですが「2月後半から3月4月の繁忙期シーズン」が高額に…。

 

あとは「土日祝日」、もっと言えば「朝一作業」などは値段設定が高くなります。

 

逆に言えば、可能ならこれらの時期を避ける事が値段を抑えるコツとなります。

 

まとめると引っ越し費用を抑えるためのポイントは主に以下の二点です。

 

  • 費用の安い業者を選ぶ
  • 金額を抑えられる日時を選ぶ

 

日付や時間を重視するというのは一つのポイントになります。

 

しかし、普段仕事をしている場合や引っ越しまで日時がない場合ですと調整が効かない…。

 

どうしても日付や時間で費用を節約するのは難しいでしょう。

 

そうであるならば、やはり「業者選び」で費用を節約するのが、費用を抑えるための一番簡単な方法と言えます。

 

引っ越し業者スタッフ

 

引っ越し費用は業者選びで80%近く決まるといっても過言ではありません!

 

引っ越し業者は数多くあるため、その中から一番料金を節約できるところを見つけるのは非常に大変です。

 

自力で1件1件しらみつぶしに探すのでは、非常に効率が悪く途中で断念してしまうことでしょう。

 

無許可の引っ越し業者にぼったくられるケースは、こういった自力で引っ越し業者を探した人に多いようです。

 

効率よく引っ越し業者を選定したい場合は、信頼できる登録業者の中から一括で見積もりができる「引越し見積もりサイト」を利用するのがベストです。

 

簡単に業者の比較ができる無料の見積もりサービス

 

引越し価格ガイド」という見積もりサービスがあります。

 

引越し見積もり

 

これは業界でも最大級の提携業者を抱えており、その中からあなたの引っ越しの条件に合う10社ほどをまとめてピックアップして見積額を出してくれます。

 

必要な項目を簡単に入力するだけで比較することができるため、自分でわざわざ業者を探す手間が省けます。

 

1件1件電話して、同じ内容を何度も何度も伝えて時間とエネルギーを消耗する必要がない、非常に便利なサービスです!

 

この引越し比較ガイドを利用することにより、最大で50%ほど引っ越し料金を抑えられる場合もあるためとてもお得な方法です。

 

業者とのやり取りを極力減らしたい

 

引越し比較ガイドは一切無料で使える有益なサービスです。

 

横浜市から福岡市への引っ越し費用を少しでも安くしたいと考えている人には最適なサービスといえます。

 

ただ、以下のような人には不向きかもしれません。

 

  • 複数の引越し業者からの電話営業が面倒
  • 最安値といわずある程度安い値段になればOK
  • 引越し予定日まで日数に余裕がある

 

見積もりサイトに登録すると、最適な業者10社程度から見積もりに関する電話がかかってきます。

 

見積額を聞いて、一番安いところで決めるのが最安値を狙う方法となります。

 

しかし、中には業者との複数回の電話やり取りが面倒だって感じる人もおられるでしょう。

 

そんな方には、一度サポートセンターに情報を伝えるだけ!

 

あとの面倒な業者とのやり取りを代行してくれる「引越しラクっとNAVI」が人気です。

 

 

業者との値段交渉の機会が少なくなるため、最安値を狙う方法とはいえないでしょうが、それでも「相見積もり」を出している時点で業者に足元を見られることはありません。

 

相(あい)見積もりとは…複数の業者から見積もりを取って比較すること

 

値段を重視するなら「引越し価格ガイド」を…!

 

手頃な価格で面倒なやり取りを極限まで無くすなら「引越しラクっとNAVI」を選ぶといいでしょう。

 

抑えられた引っ越し費用で、福岡市での快適な新生活をスタートさせてくださいね♪

 

今回の引っ越しが、あなたにとって幸せな引越しになりますように、心から願っています!

不用品・大型ごみ・粗大ごみ・廃品の片づけ方でも引っ越し費用が割安になる!

これから横浜市から福岡市へ引っ越しをするにあたって、必ずと言っていいほど発生するのが粗大ごみや不用品です。

 

不用品

 

これらの不用品の片づけ方でも、引っ越し費用の総額に大きく影響を与えます。

 

処分したいごみ類を、確実に安くそして便利に片づける方法をご紹介します。

 

自由度が高く便利なごみ業者

 

大型家具や粗大ごみなどを処分する手段として、自治体に依頼する方法と民間の業者に依頼する方法がありそれぞれメリットが異なります。

 

  • 自治体に依頼する
  • 民間業者に依頼する

 

費用だけを考えるとなると自治体に頼むのがベストではありますが、以下のような不都合が生じやすいです。

 

  • 日程が限られてしまう
  • すぐに回収に来てもらえない
  • 自宅までではなくごみ収集所など指定場所まで運ばなければならない場合もある

 

そのため引っ越しまで時間がない場合や、平日に時間を作るのが難しい時には不用品回収の業者に頼むのが便利です。

 

とはいえ不用品回収業者と一言でいってもいろんな会社があり、料金も独自に設定していることから違います。

 

1社にだけ急ぎでお願いした場合は、ほぼ間違いなく足元を見られて高額な回収費用を請求されるでしょう。

 

このような理由から業者に依頼する際には、それぞれの業者をよく調べて複数の業者を比較するのがおすすめです。

 

この辺は引っ越し業者を選ぶ際と要領は同じです。

 

ただ、時間がない中で回収業者まで選定するのは大変ですよね?

 

そこで非常に頼りになるのが、「エコノバ」という無料で不用品回収業者を一括見積もりできるサイトです。

 

まとめての見積で最適な業者を簡単に見つける

 

エコノバを利用すれば、一つ一つの業者にわざわざ見積依頼を出さなくても、まとめて複数社の金額を知ることができます。

 

これにより最安値で請け負ってくれる業者を簡単に知ることができるため、費用の節約に繋がります。

 

またこのような不用品回収業者の中には、異様に高い金額を請求する「悪徳な業者」も存在します。

 

エコノバは安心して利用できる業者だけをピックアップしてくれているため、そういった点においても魅力的です。

 

不用品を安く処分したい場合には自治体を利用するのが一番なのですが、時間的な制約があるため利用できないケースも多いです。

 

そんな時に頼りたい不用品回収業者を、エコノバでなら一括見積が可能で、一番お得な業者を安心して選ぶことができます。

引越し前にやるべき手続きをまとめてみた!

引っ越しをする際には行わなければならない「手続き」や「準備」がたくさんあり、それが引っ越しの大変さでもあるでしょう。

 

少しでもスムーズに引っ越しをするために、引っ越し前の段階でやるべきことを学びましょう。

 

あとの方で引っ越し後に行う手続きも紹介しますが、結構被っているところもありますが重要なので掲載しておきます!

 

アパートやマンションの解約

 

賃貸に住んでいる場合は、今住んでいる物件の解約手続きをおこなう必要があります。

 

契約内容にもよりますが、少なくとも1か月前には伝えなければなりませんので早めに動きましょう。

 

ネットの手続き

 

ネットのプロバイダーと契約している際には、そちらの手続きもしなければなりません。

 

解約の手続きや新居における申し込みなど、自分の状況にあわせて手配するようにしましょう。

 

公共料金の手続き

 

手続きしなければならない公共料金は主に以下になります。

 

  • 電気
  • ガス
  • 水道

 

現在の住居のインフラを止め、新居で開始するための手続きをインターネットでもできますのでおこないましょう。

 

スマートフォンの住所変更

 

お使いのスマートフォンの会社に住所変更を知らせる必要があります。

 

ショップでも対応してもらえますし、ネットからの手続きもできるため新しい住所がわかり次第変更しましょう。

 

住民票の移動

 

役所関連の手続きとして住民票の転出届を提出しましょう。

 

同市町村内で引っ越す場合と、別の市町村に引っ越す場合では内容が少し異なります。

 

保険や年金の手続き

 

会社員の場合ですと職場で手続きしてもらえますが、自営などの場合には自分での手続きが必要です。

 

住民票の移動と同様、役所に赴いての手続きになるため、平日に時間をつくりましょう。

 

郵便の転送サービス利用の手続き

 

郵便局では前の住所に届いた郵便物を、新居に転送してくれるサービスを実施しているため申し込みをおこないましょう。

 

申し込みを忘れると郵便物が届かないという事態が発生するため、こちらも重要な手続きです。

 

車関連の手続き

 

免許証の住所変更はもちろんのこと車庫証明と車の保険、他にも車検証の手続きなど車関連のものは意外と多いです。

 

期限が決められている手続きもあることから、引っ越しをする前からピックアップしておくのがおすすめです。

 

子供関連の手続き

 

児童手当は転出届を役所に提出する際に、一緒に手続きをおこなうのがスムーズです。

 

子供が学校に通っている際には転校の手続きもあり、違う市区町村への引っ越しの際には手続きも多いため早めに連絡しましょう。

 

犬の住所変更

 

犬を飼っている場合ですと犬の住所変更も必要で、引っ越し前の役所で交付してもらわなければならないものもあります。

 

以上のように引っ越しをする前の段階から、おこなわなければならない手続きは多いため、早めにピックアップして動きましょう。

引越し後にやるべき手続きをまとめてみた!

無事に福岡市への引っ越しが完了してひと段落したのも束の間、引っ越し後におこなわなければならない手続きもたくさんあります。

 

期限が決められているものもあるため、忘れずにおこなうようあらかじめ抑えておきましょう。

 

転入届の提出

 

一番大事な手続きでもある転入届の提出は、引っ越し後から14日以内と定められているためまずはじめにおこないます。

 

印鑑や本人確認書類が必要になりますので、持参するのを忘れないようにしましょう。

 

保険や年金関連の手続き

 

会社員で会社がおこなってくれる場合を除き、こちらも役所での手続きが必要となります。

 

転入届の手続きと一緒におこなうと、足を運ぶのを一度で済ますことができます。

 

マイナンバーの手続き

 

忘れがちですが引っ越しに伴いマイナンバーも住所変更が必要になりますので、役所に行った際に手続きしましょう。

 

印鑑登録

 

同市区町村内の引っ越しであれば不要ですが、他市町村への移動の場合には印鑑登録も新たにおこなう必要があります。

 

こちらも役所での手続きですから、足を運んだ際に一緒におこなうとよいです。

 

児童手当に関する手続き

 

子供がいる場合には児童手当の手続きも必要となり、15日以内と期限が定められていることから優先しておこなう手続きの一つです。

 

特に他市町村への引っ越しの場合には提出書類も多く、転居元で発行してもらった書類も一緒に提出します。

 

学校の転校手続き

 

もう一つ子供にまつわる手続きとして、転校の手続きも引っ越し後におこなう必要があるでしょう。

 

公立か私立かによっても手続きが変わってきますので、それぞれ必要な書類を新しい学校へ提出します。

 

免許証の住所変更

 

免許証の住所変更は役所ではなく警察署や免許センターでの手続きになります。

 

期限は定められていないものの、変更の届出をしないと免許更新のお知らせなど必要な知らせを受け取れませんので早めに手続きをしましょう。

 

車関連の住所変更

 

車関連の手続きとして免許証の住所変更以外にも、以下の住所変更が必要となり15日以内と期日が定められています。

 

  • 車検証
  • 車庫証明

 

インフラ関連の手続き

 

電気とガス、そして水道というインフラ関連の手続きは事前に連絡しておき、引っ越し当日からすぐに使えるようにしておく必要があります。

 

特にガスと水道に関しては立ち合いが必要になることがほとんどですから、引っ越し当日のスケジュールをしっかりと組むようにしましょう。

 

犬の住所変更

 

犬も人間同様、引っ越しにあたっては住所変更の届出が必要となります。

 

また他の市区町村への引っ越しの場合には転出先から受け取った鑑札なども一緒に提出し手続きをおこないます。

 

引っ越し後におこなう手続きの中には期日が決められているものも多いことから、あらかじめスケジュールを立てておきましょう。

 

役所関連の手続きなど一度に済ませられるものに関しては、まとめておこなうとよいです。

引越しに関するコラムをご紹介します!

引越しをお願いする業者の選定の仕方をミスすると、高い金額を強要されてしまう場合もあるのです。引越し業者をランキングの形で並べているネットサイトを見ておくことをおすすめします。

 

単身の引越しと申しますと、ほぼすべて業者が「引越し単身パック」という形で割安な料金を示してくれるようです。取り敢えず低料金でやってくれる業者にお願いしたいと言うのなら、一括見積もりを効果的に活用して目を通してみたら良いと思います。

 

引越しの一括見積もりを頼む場合に、事実よりも荷物を少なく申告するのはやめてください。現実をしっかりと申し伝えなければ、適切な引越しの見積もりをすることができません。

 

引越しをすることが決まっていて、引越し業者をチェックしているのならば、引越し業者をランキング一覧の形にして載せているネットサイトに目を通してみるべきだと思います。

 

格安でサービスが文句なしのところを探すことが可能でしょう。エアコンの引越しに関する作業を個人的に成し遂げるのは不可能です。エアコンを取り付けたり外したりする工事の知識を持ち合わせていない人は、移設工事をすることは諦めた方が賢明です。

 

CMをやっているような引越し業者はたくさんの人が利用しているという理由もあって、口コミも多くあります。口コミをウォッチすれば、こうした引越し業者の評判を感じ取ることができるでしょう。

 

単身の引越しにつきましては、「運ぶ荷物も少ないし誰にも頼まなくてもできる」とお思いになるかもしれませんが、すべてを自分だけでこなすというのは、考えている以上に大変だと思います。

 

「引越し単身パック」を扱っている引越し専門の業者に任せた方が断然いでしょう。引越し作業というと、時間と労力が必要で苦労が多いとは思いますが、信頼できる引越し業者にやってもらえば、何の心配もなく引越しすることが可能です。

 

引越し業者の評判を知れば余計な心配もしなくて済みます。引越しの見積もりに関して引越し業者の人と話をする場面では、真剣にその話を聞くようにしなければなりません。見積もり料金だけが聞ければよいという態度を示してしまうのは良くありません。

 

引越しするなら、引越し専門業者に依頼することをお勧めします。引越し業者について言えば、「大規模な会社だから安心できる」とか「小さな会社だからダメ」と考えるべきではありません。

 

引越し業者を比較した上で決めましょう。引越し業者のウェブページを調査すると分かるのですが、インターネット経由で見積もりの申し込みを入れることで、特別料金となるところがあるようです。

 

格安で引越ししたい方は、業者のホームページも調べておきましょう。単身の引越しとなると、「運ぶ荷物も少量で自力でも可能だ」と思うかもしれませんが、全部自分一人で終わらせるのは、考えている以上に厳しいものがあると思います。

 

「引越し単身パック」の用意がある引越し業者に丸投げした方が簡単に終わらせることができます。現在ピアノを設置している部屋から引越しすることになっている家の部屋までピアノ運送をして貰わないといけないような時でも、専門家に依託すればすべてうまく行くでしょう。

 

引越し業者もたくさん存在しますが、その中にはピアノ運送業務をメインに据えている業者も存在します。引越しの見積もりというものは、どの業者もタダで提示してくれるというのが通例です。

 

見積料を課せられる事態にはならないので、ウェブの一括見積もりを利用して頼んでください。感想を熟読すればユーザーの満足度合も浮き彫りになります。引越し業者の評判を調べて、専門業者をチョイスするときの目安の1つにすればいいでしょう。

 

  • 福岡市役所
  • 住所:〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8番1号
  • TEL:092-711-4111(代表)
TOPへ